REPORT

衝撃のHカップ!心身を解きほぐす癖になるほどの濃厚体験。 SUAVE -シュアーヴ-

No.185 | 2020.6.17更新【筆者:馬場】

どうもご無沙汰しております。

相変わらずの快性、馬場でございます。

 

ペンを走らせるのも約4ヶ月ぶりでしょうか。

久しぶりすぎて、

馬場は天に召されたのではというお声もちらほらと耳に入ってきておりますが、

幸か不幸か私は健在です。

 

それもこれも、

新型コロナの影響で私も活動自粛を余儀無くされていました。

 

きっと、メンズアロマを愛して止まない同志の皆さまも退屈な日々を過ごされたことだと存じます。

はち切れんばかりに膨らんだメンズアロマへの思いを胸に、

久しぶりに出動して参りました!

 

流石にこれだけブランクがあると、

なんだか気持ち的にかなり新鮮。

初めてメンズアロマに足を踏み入れた時の、

あの刺激的な記憶が蘇ります。

 

久しぶりの出撃ですから、

今回のお店選びは慎重に慎重を重ねて選びました。

ボジョレヌーボよりも100倍嬉しい「解禁」です。

 

そんな今回のお店はこちら!

 

イメージ画像1

その名もSUAVE -シュアーヴ-です!

 

この厳しい世情の中、オープンしたばかりの新店。

そして、

在籍しているセラピストさんを見るに、

華やかな美女揃いだということが一目瞭然。

 

久しぶりに私のフロンティアスピリッツを掻き立てられた訳でございます。

 

 

SUAVE -シュアーヴ-のルームは、

JR博多駅からもアクセスしやすい「住吉4丁目エリア」にありました。

 

予約後にルームの住所を教えてくれるショートメールも、

文面が非常に丁寧で好印象です◎

 

期待に胸をパンパンに膨らませ、いざ!

 

イメージ画像2

6月某日、JR博多駅に舞い降りた私。

こちらはこの日の「JR博多駅 博多口」の風景です。

 

自粛期間中に春はとうに過ぎ去り、梅雨入りした福岡市。

夏はもう間近。

いつもならじっとりと纏わりつく湿気に嫌気がさすところですが、

久しぶりの開放感に心は清々しい。

 

普段の博多よりもやはりまだ人は少なめ。

まだ世間には我慢されている方がたくさんいらっしゃるのでしょう。

お先に失礼しますの意を込めて、

行き交う人々に一礼しました。

 

まずは、

ここJR博多駅 博多口から「住吉通り」を天神方面に歩いていきます。

 

イメージ画像3

見上げた空は今にも降り出しそうな曇天模様。

雨が降る前に到着したい!

 

「代々木ゼミナール福岡校」を左手に見ながら、

住吉通りを更に直進していきます。

 

イメージ画像4

途中、「住吉神社」と隣接する「三日恵比寿神社」に誘われ立ち寄ってみると、

鮮やかに咲き誇る紫陽花が。

 

じっとりと全身汗ばんでいるし、

装着したマスクも苦しいけれど、

この風景で少しだけ涼しい気分に。

 

この三日恵比寿神社と住吉通りを挟んだ向こう側が、

目的である住吉4丁目エリアとなります。

 

イメージ画像5

住吉通り沿いには「住吉バス停」がありますので、

博多駅からバスで簡単に来れてしまいますよ。

 

こうやってゆっくりと徒歩でもおよそ10分程度ですし、

自粛の運動不足解消には丁度いい距離です。

 

ルームはこの住吉バス停のすぐ近くです。

 

ここ数ヶ月間、基本的に自宅で過ごしていたものですから、

久々の開放感を満喫。

そして何よりも、

久しぶり過ぎる出撃が今回の出会いの妄想に更に拍車を掛けます。

一体どんな素敵な出会いがこの先に…

そう考えていたらすぐ着いてしまった。

 

目的の建物は豪華で新しい高級マンション。

正直、今まで様々なルームを訪問したけれど、

過去No.1かもしれない…

本当にここで合っているのか、

幾度もショートメールで送られてきた住所とGoogleマップを照らし合せてしまう私。

 

一歩中へ踏み入れるとその重厚感が全身に押し寄せてくる。

緊張の面持ちでお洒落なエントランスに入り、

オートロックを開けてもらう。

そしてエレベーターで目的にフロアまで上がります。

慎重に部屋番号を確認しながら進み…

無事発見!

 

インターホンを押す前のこのドキドキ。

そう私がこの数ヶ月間耐え忍んだのは、

この時の高揚の為と言っても過言ではない。

心と体の高揚を噛み締めながら…

一思いに、ピンポン♪

 

 

ガチャ♪

 

「お待ちしておりました♡

   中へどうぞ♡」

 

中から現れたのは、

なんとも笑顔が素敵な黒髪美女♡

しかもファーストインプレッションから明白な巨乳、

いや、爆乳のグラマラスボディ。

純白の衣装が、

若さと大人のエロスを絶妙なバランスで醸し出している!!

 

ご紹介しましょう。

今回担当して頂いたのは相川リサさんです!

 

期待以上の美貌と溢れるほどのエロス!

この出会いの衝撃で、

蒸れたマスクは更に熱を帯びた。

 

高鳴る鼓動と呼吸を抑えながら、

いつも通り冷静を装い部屋の中へと入る。

 

外観もさることながら、

部屋の内部も実に綺麗!

センスの良さと清潔感で包まれた空間が広がっていた。

 

部屋の隅に置かれた椅子に案内され腰をかける。

ここで改めて丁寧に挨拶をしてくれたリサさん。

 

彼女が発する声調や所作が品格に満ち、

見ているこちらをも虜にする。

そして何より、

隠しきれないほどにたわわに実った果実♡

この状況におじさんもうメロメロです…

 

複数種類用意されたドリンクメニューから選び、

お茶を飲みながらリサさんとたわいも無い会話を楽しむ。

所作も受け応えも、

時折見せる愛らしい笑顔も完璧。

接すれば接するほど彼女の清楚さが輝いて見えてくる。

 

もっと話していたい衝動を堪えながら、

シャワーを浴びて戦闘体制に入る。

 

部屋に戻ると、

薄暗くも柔らかな光が差し込む空間に、

耳心地のいいBGM。

たくさん置かれた綺麗な生花たちの香りが鼻をくすぐる。

そんな空間でリサさんが、

「お帰りなさい♡」

なんて言うもんだから、

もうドキドキが止まらない。

とんでもなくエッチだ…

 

綺麗にセッティングされたマットにうつ伏せで全身を預け、

そのふかふかの感触を楽しむ。

 

うん。

最高の空間だ…

 

「それでは始めていきますね♡」

 

たっぷりとオイルを手に取り、

よーく馴染ませた彼女の手は、

私の太ももへと着地する。

 

オイルを含んだ柔らかな感触が太ももいっぱいに広がったと同時に、

全身にゾクっと快感が走った。

ファーストタッチでは類を見ないほどの快感に、

正直驚いてしまった。

オイルの質も明らかに高く、

しつこくなく、サラッとした質感が心地がいい。

 

太ももからふくらはぎまでを入念に解していく彼女の手。

時折スーッと撫でるように、

時折グッと鷲掴むように、

ピンポイントでツボを抑える彼女の技術は素晴らしい。

 

何より、彼女の柔らかな肌との密着が個人的に凄くツボ。

 

そして今度は、

ヌルッと鼠蹊部エリアを這うように触るもんだから、

初っ端から私のボルテージは急上昇。

どうやらリサさんは快感への手加減を知らないよう…最高♡

 

両足の丹念な解しトリートメントが終わると、

「それでは次、

   片足曲げられますか?」

とカエル足の時間の合図。

 

待ってましたと言わんばかりに、

俊敏にフォルムチェンジする私の体。

リサさんに向けて私の敏感エリアが露わに解放される。

 

オイルを更にたっぷりと馴染ませた彼女の手は、

ヌルヌルと這うような動きで侵入してくる。

さっきまでの動きとは異なるいやらしい手付きに、

ビクビクと全身で反応してしまう私。

 

「うふふ♡

   気持ちいいですか?♡」

 

嬉しいような恥ずかしいような気持ちを押さえながら、

枕に顔を埋めて耐え忍んだ。

きっとニヤケ顔で。

 

それでも彼女の手は容赦なく縦横無尽にヌルヌルと這い、

指や手のひら、腕など、彼女が持ち合わせるその全てを駆使しながら、

快感という名の刺激は更に激化していくばかり。

 

気づけば、

思わず声にならない声をあげていた私。

背面で見えていないはずなのだが、

なんとなく満足げに微笑んでいる彼女の表情が伝わってくる。

 

辱めを受けながらこの快感に身を委ねているこの時間。

 

あぁ…幸せ…

 

両足から腰の濃厚なトリートメントが終わると、

リサさんは私の頭上へと移動し、

覆い被さるような形での背面トリートメント。

終わる頃には、

色んな意味でホクホクと体が熱くなっていた。

 

すると…

「それでは次に仰向けでお願いします♡」

 

色気溢れるボイスに誘われ、

ゆっくりと体を反転させると、

そこにはリサさんのご尊顔。

やっぱり美しい…

目が合って微笑む彼女にリアルにドキっ♡

 

再びオイルをたっぷりと手に取り、

ヌルッと太ももを包んでいくリサさん。

そこには、

たわわに実った豊満な果実…

リサさんの腕が動くたびに、

軽やかに弾んでいるのが分かる。

そんなまさに男の憧れ!

 

あまり見ちゃいけないと思いながらも、

見てしまうのが男の性。

そのうちまたリサさんとふと目が合い恥ずかしくなる。

そんなことを幾度となく繰り返した。

 

両足のトリートメントが終わると、

今度はリサさんは再び私の頭上に移動し、

覆い被さるように胸部のトリートメント!

はい…

私の目の前に、リサさんの果実が♡

 

大きくずっしりとしていながら、

ふわっと柔らかく私の顔を覆う。

 

さっきまで弾んでいたはずのあの大きな果実は今、

その重力を私の顔面へと預けて弾んでいる。

 

もう私のボルテージは最高潮を迎え、

無我の境地へと達してしまいそう…

もう心も体も限界が近い。

そんな最高のタイミングで…

リサさんは再び私の足元へ移動し、

最終局面である、鼠蹊部へ。。。

 

それは、

ヌルヌルとまるで生き物のように這う、

想像を超えた快感。

リサさんは、

限界寸前の私の鼠蹊部を容赦無く襲う♡

私の体を弄ぶように…

 

ねっとりと濃厚で、

たっぷりと深くしつこく…

 

やがて頭の中が真っ白になって、

脳内がしびれた。

 

幸せ♡

 

「そろそろお時間です♡

   お疲れさまでした♡」

 

どれくらい時間が経ったのだろうか。

気がつくと全身が火照り肩で息をしていた私。

目の前には優しく微笑むリサさん。

 

「立てますか?」

と私を補助してくれた彼女。

実に情けないが、妙に嬉しい。

 

最後のシャワーを浴びながら、

幸せの時間の余韻に浸る。

これまでの耐え忍んだ数ヶ月間のこととか、

色んなことが巡って、

今日のこの出撃の素晴らしさを改めて実感した。

この為の自粛期間だったのだと思えた。

 

シャワーを終えて、

身支度を整える頃には余韻からもすっかり抜け、

実にすっきりとした気分でリサさんと会話ができていたように思う。

 

また必ず来ることを約束して、

ルームを後にしました。

 

 

マンションを出ると、

じっとりと纏わりつく梅雨の湿気。

 

もはやそんなことがどうでもよくなるくらい、

最高の出会いに感謝した。

 

最高の美ボディに、

匠なまでの濃厚トリートメント。

 

リモートワークに疲れた方には、

とっておきの時間になることでしょう。

 

ありがとうリサさん。

 

ありがとうSUAVE -シュアーヴ-。

博多区住吉 / メンズアロマ

SUAVE -シュアーヴ-

SUAVE -シュアーヴ-体験レポート

TEL:080-7982-3055

営業時間:11:00〜ラスト

お問い合わせの際はメンズアロマZUKAN見たとお伝えになるとスムーズです